office 2011 起動 前のファイルが開く

| カテゴリー : Mac | コメント (0)   はてなブックマーク - office 2011 起動 前のファイルが開く

Macで、エクセルやワードのファイルを起動すると、前回開いていた書類が自動的に開いてしまいます。

何かの嫌がらせ?MSの陰謀か、などふざけたことを考えていましたが、Mac側の設定だったようです。

一般設定でサクッと解決

【アップルメニュー】から【システム環境設定】を開きます。

【一般】を選択します。

この真ん中ちょい下あたりにある【アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる】のチェックボックスのオン・オフが影響を及ぼしていたようです。

私の環境ではデフォルトでオフになっていたようです。

チェックボックスをオンにして閉じるとエクセルなどでファイルが開くことはなくなりました。

分かってしまえばいつも簡単♪ でしたぁ。
Lionの時にはオン・オフが逆だったような??

おしらせ

  • Calemdar

    2012年10月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud