Android 開発環境 その1::JDKのインストール(Win)

| カテゴリー : Andoriod | コメント (0)   はてなブックマーク - Android 開発環境 その1::JDKのインストール(Win)

JDKは 、Java Development Kit の略で、Mac には標準搭載されていますが、Widowsには別途インストール必要になります。
JDK がインストールされていないと、 Android SDK のインストールもできませんので注意が必要です。

JDK (Java Development Kit) には、プログラムの実行環境であるJRE (Java Runtime Environment) と コンパイラ等開発ツールが含まれています。これらをまとめてJava実行環境となります。

Javaがインストールされているかどうかを確認する。その1

【スタート】→【すべてのプログラム】→【アクセサリ】で、「コマンドプロンプト」を立ち上げます。

”java -version”

と入力します。
インストールされていると、
java version “1.6.0_29”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_29-b11)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 20.4-b02, mixed mode, sharing)
という感じで返答が返ってきます。最新でなければアップグレードしておきましょう。

インストールされていないと、
‘java’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
と、返事が返ってきますので、インストールを行います。

Javaがインストールされているかどうかを確認する。その2

Javaのダウンロードサイト を開きます。

【ダウンロード】ボタンの下に、 Java の有無のチェック というリンクがありますので、そちらをクリックします。

すると、インストール状況を確認してくれて、、、

現在インストールしているバージョンの表示と、最新があれば【今すぐJavaをダウンロード】のボタンが表示されますので、ボタンを押してダウンロード&インストールをします。

ダウンロード&インストールします。

インストール完了後、 Java の有無のチェック をもう一度確認すると、最新であることが確認できます。

JDKをインストールする。

JDKダウンロードページ から「JDK」をダウンロードします。

「Accept License Agreement 」のラジオボタンを押して、「 jdk-7u3-windows-i586.exe」をダウンロードします。

今のところ、これからインストールする予定の、Android SDK が64bit版に対応していないので、こちらのJDKも32bit版をダウンロードしてインストールしてます。

インストール先、オプションとも、デフォルトのままで問題ないです。

正常にインストールされたのを確認してきます。

なんか今回は継続のボタンしかでて来なかったので、そのまま【継続】ボタンを押します。

JavaFX2.0がインストールされるんですね。(使うかな?)

【次へボタン】を、押して進めます。

セットアップが完了したら、【閉じる】を押して終了です。

おしらせ

  • Calemdar

    2012年3月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud