windows7で、いらないwindowsupdateを非表示にする。

| カテゴリー : お仕事 | コメント (0)   はてなブックマーク - windows7で、いらないwindowsupdateを非表示にする。

ウィンドウズアップデートは、便利な機能なのですが、ごくたまに選択したくないアップデートもあるかと思います。
ただ、選択をやめただけでは、次回再起動した時にまた、アップデートとして表示されてしまいます。いらないアップデートを非表示にしてあげましょう。

こんな感じで、アップデートのメッセージが出てきます。ほとんどの更新プログラムは有用なのですが…
まぁいらないものもあるということで・・・古いエクセルファイルを開けなくする奴とかww。

こんな感じで表示され続けて、ポップアップし続ける「ニクイやつ」
早速見えなくなってもらいましょう。

目的のファイルの所で「右クリック」します。

「更新プログラムの非表示」を選択します。

非表示状態になった更新プログラムが、薄い色になって、ダイヤログボックスも選択できなくなっています。
【OK】ボタンを押して確定します。

更新プログラムの表示数が減っているのが確認できます。
これで、不要なアップデートにお目にかかることが減ります。

めでたしめでたし。

もし何かの都合だったり、更新プログラムのバグフィックスがされたりしてアップデート適用してもイイナというような時には、「非表示の更新プログラムの最表示」を選択します。

表示したい更新プログラムのチェックボックスにチェックを入れて、【再表示】ボタンを押します。

しばらく考えて、無事復帰しました。

Windows XP のときはもう少しわかりやすい所で、更新プログラムの適用、非適用を選べたと思いますが、windows7 で非表示方法も非表示の方向へと変わったのかも知れません。

おしらせ

  • Calemdar

    2012年3月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud