Raspberry Pi を Mac ネットワーク上でファイルを共有する

| カテゴリー : RaspberryPi | コメント (0)   はてなブックマーク - Raspberry Pi を Mac ネットワーク上でファイルを共有する

Macのオペレーションシステムには、ネットワーク上のファイルをファインダで表示する機能があって、それをRaspberryPi に設定するとMac上でブラウズすることこができます。

netatalkをインストールする

sudo apt install netatalk

MacのFinderの【移動】から【サーバーへ接続…】を選択してアドレス欄に、afp://192.168.0.61 (RaspberryPiのアドレス)を入力して【接続】を押す。RaspberryPiのログインユーザー名とパスワードでログインするとRaspberryPiのホームディレクトリが表示されます。

ファインダーから見えるようにする

afpdサービスに登録することで、Macのファインダーから共有フォルダの様に見えるようになります。これでIPアドレスを確認しなくてもホームディレクトリにアクセスできるようになります。

sudo apt install avahi-daemon
sudo update-rc.d avahi-daemon defaults

以下のコードを書きます。

sudo vi /etc/avahi/services/afpd.service
<?xml version="1 .0" standalone='no'?><! —-*-nxml-*-->
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
<name replace-wildcards="yes">%h</name>
<service> <type>_afpovertcp._tcp</type> <port>548</port>
</service>
</service-group>

avahiデーモンを再起動する

sudo /etc/init.d/avahi-daemon restart

macのファインダーにRaspberryPiが表示されれば完了です。

RaspberryPiの画面を共有する

あらかじめVNCの設定が終わっていて、この設定を行うとファインダーに表示されるので、IPアドレスが頻繁に変わる環境で運用していていても、同じネットワーク内にあれば表示されるので、アドレスの確認を行う必要がなくなります。

sudo vi /etc/avahi/services/rfb.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
<name replace-wildcards="yes">%h</name>
<service>
<type>_rfb._tcp</type>
<port>5901</port>
</service>
</service-group>

avahiデーモンを再起動する

sudo /etc/init.d/avahi-daemon restart

ファインダーのRaspberryPiに【画面を共有…】のボタンが追加されていれば完了です。

 

参考/出典

おしらせ

  • Calemdar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud