Mac で、非PostScript Printer に印刷する

| カテゴリー : Mac,WordPress | コメント (0)   はてなブックマーク - Mac で、非PostScript Printer に印刷する

Macでwindowsな環境でお仕事しているとOfficeの環境によってはPostScript プリンターを導入していない所って結構あったりします。

非PostScriptプリンターをWindows経由で印刷を試みてみます。

Ghostscript Windows版 を入手

Ghostscript Downloads Page から最新版をダウンロードします。(私のタイミングでは、Ghostscript 9.06 for Windowsでした)

もしくは、パッチが当たっているのをこちらからダウンロードしてインストール(gs906w32full-gpl.exeでした)します。

 

RedMon  を入手

Redirection Port Monitor からRedMon version 1.9をダウンロードします。

zipファイルを回答してexeファイルを起動すると左のように聞かれて、

おしまい。簡単でした

仮想プリンタの設定(結局できず…

注意::ここのパートはwndows7のためにやっていたのですが、うまくいきませんでした。お急ぎの方は仮想 プリンタのインストールまで読み飛ばしてくださいませ。
【スタート】【デバイスとプリンター】を開いて、【プリンターの追加】を選びます。

ローカルプリンタを選択します。

【新しいポートの作成】で、ポートの種類は【Redirect Port】を選びます。

ポート名はそのまま変更しないでOKを押します。

おこられてしまいました。
何度ためしても、管理者権限いじってもダメで・・・・ちょっとやってみよう!というには大変で。。。。
Windows7  で設定するのはここで断念しました。 結局WindowsXPですべてやり直すことにしました。なので、此処から先はXPの設定とスクリーンショットです。

仮想 プリンタのインストール (ここからwindowsXP)

http://download.adobe.com/pub/adobe/printerdrivers/win/all/ppdfiles/adobe.zip

adobeのサイトからzipファイルをダウンロード、解凍し、プリンタ定義ファイル(ADIST5J.PPD)を入手します。

Adobe Universal PostScript Windows Driver Installer 1.0.6 – Japanese をダウンロード&ンストールします。

ローカルプリンタを選びます

あとで設定しますので、ローカルポートを選んでおきます。

【参照】から、adobeのサイトから入手した、ADIST5J.PPDを選びます。

通常使うプリンターの必要はないので、いいえ
印字テストも設定前なのでいいえを選択します。

んで、インストールします。

さて、インストールができたら、プリンターのプロパティを開いて設定をおこないます。

ポートタブから、ポートの追加を押します。

Redirected Port を選んで新しいポートを押します。

デフォルトのまま、OKを押します。

Redirect Port ができました。
ポートの構成ボタンを押します。

【Redirect this port to the program】は、Ghostscriptをインストールしたフォルダを選びます。
【Arguments for this program are】は、
-q -dSAFER -dNOPAUSE -dBATCH -sDEVICE=mswinpr2 -sOutputFile=”\spool(プリンタ名)” –

とします。

【Output】は、  Prompt for filename
【Run】は、  Hidden
【Run as User】のチェックは外しておきます。

印刷テストをしてみて、ターゲットのプリンタから印刷できればOKです。

印刷サービスの起動

windows以外からの印刷をするためには、印刷サービスを起動する必要がありますが、デフォルトではインストールされてません。

【コントロールパネル】より【プログラムの追加と削除】を立ち上げ、【Windows コンポーネントの追加と削除】を選びます。

チェックボックスを入れて、インストールします。

完了して終わりです。

【コントロールパネル】より【管理ツール】内の【サービス】を起動して、プリンサーバーを選びます。

 

【スタートアップの種類】を自動に変更します。

 

【コントロールパネル】より【Windows ファイアウォール】の例外からポート番号515番を例外に指定しておきます。

 

Mac 側から印刷

【システム環境設定】から【プリントとスキャン】を選びます。

左下のプラスのボタンを押して追加します。

対象のIPアドレスと、キューにはプリンタの共有名を入力して追加します。

これで、印刷が可能になります。

あとがき。。。

まぁ、PostScriptプリンターを導入すればいいはなしなんですが、お金の問題や、そもそもその環境での導入権限がなければ話になりません。そんな間借りノマドワーカーにもお役に立てればとポストです。

参考にさせていただきました。

http://www2.kumagaku.ac.jp/teacher/herogw/redmon/red03.html

http://miko.org/~tatyana/tech/Win/pdfprinter.html

http://yamashiweekly.seesaa.net/article/136064868.html

おしらせ

  • Calemdar

    2012年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud