Raspberry Pi 3B+ Ubuntu18.04をインストールする

| カテゴリー : Linux,RaspberryPi | コメント (0)   はてなブックマーク - Raspberry Pi 3B+ Ubuntu18.04をインストールする

Ubuntu 18.04.2 LTS を Raspberry Pi 3B/3B+ にインストールする。16.04は、オフィシャルサイト以外からイメージを焼いて作業していましたが、18.04からインストールが簡単になったようなので、早速インストールしてみたいと思います。
インストールは、第564回 Raspberry Pi 3 Model B+にUbuntu 18.04 LTSをインストールする がオリジナルソースです。 

イメージをダウンロード

Ubuntu wiki の RaspberryPi のサイトからイメージのを取得します。32bit と 64bit 両方選択できるようですが、冒険心覚悟で64ビットの方、「Raspberry Pi 3B/3B+: ubuntu-18.04.2-preinstalled-server-arm64+raspi3.img.xz (4G image, 419MB compressed) 」をダウンロードしました。

イメージをmicroSDに焼きます。

ダウンロードできたら、マックの場合は以前の投稿、mac で Ubunts インストールUSB を作成する の要領でマイクロSDカードに焼きます。イマージが4GBなので標準的に16GBのメモリで十分足りそうです。私はつい、いつもの癖で32GBを買ってきてしまいました。
公式の説明はこちら!

デバイスをチェック

$ diskutil list

macにUSBを挿して再びデバイスをチェック

$ diskutil list

変化のあったデバイスが今しがた追加したUSBメモリです。もしくは「DOS_FAT_32」でフォーマットされたUSBメモリに記載された数値よりチョット少ない容量のデバイスが目的のデバイス名です。ちなみに今回の環境では以下の表示

/dev/disk2 (external, physical):
#: TYPE NAME SIZE IDENTIFIER
0: FDisk_partition_scheme *31.1 GB disk2
1: Windows_FAT_32 NO NAME 31.1 GB disk2s1

/dev/disk2がUSBメモリと判明しました。

USBメモリをアンマウント

$ diskutil unMountDisk /dev/disk2

USBメモリに書き込み

$ sudo dd if=ubuntu-18.04.2-preinstalled-server-arm64+raspi3.img of=/dev/rdisk2 bs=1m

しばらく待って、プロンプトが出てきたら完成です。

RasPiを起動

microSDカードを取り外してRasPi3 Model B+に接続して電源を入れます。

モニタ・マウス・キーボードをRaspiに指していればその必要もありませんが、SSHで接続する場合、IPアドレスを知る必要がありますので、arp-acan コマンドで探します。

$ sudo arp-scan -l --interface en0
Interface: en0, datalink type: EN10MB (Ethernet)
Starting arp-scan 1.9.5 with 256 hosts (https://github.com/royhills/arp-scan)
192.168.0.1 7c:a2:3e:4a:57:ac (Unknown)
192.168.0.61 b8:27:eb:aa:bb:c6 Raspberry Pi Foundation
192.168.0.54 9c:e6:5e:b3:56:ca (Unknown)
192.168.0.59 c0:e8:62:b5:19:7f (Unknown)

上記のような返事が帰ってきますので、「Raspberry Pi Foundation」という返事のもののIPアドレス「(今回は)192.168.0.61」を控えておきます。

リモートでログイン

$ ssh ubuntu@192.168.0.61

日本語にローカライズ

$ sudo locale-gen ja_JP.UTF-8
$ sudo dpkg-reconfigure -f noninteractive locales
$ echo "LANG=ja_JP.UTF-8" | sudo tee /etc/default/locale
$ sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

パッケージをアップグレードして作業完了

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

スワップファイルの作成

$ sudo fallocate -l 1g /swapfile
$ sudo chmod 600 /swapfile
$ sudo mkswap /swapfile
$ echo '/swapfile swap swap defaults 0 0' | sudo tee -a /etc/fstab
$ sudo swapon -a

デスクトップ環境のインストール

sudo apt install tasksel
sudo tasksel install ubuntu-desktop

 

 

おしらせ

  • Calemdar

    2019年4月
    « 12月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud