usb メモリ ボリュームの削除

| カテゴリー : Windows,お仕事 | コメント (0)   はてなブックマーク - usb メモリ ボリュームの削除

USBメモリに出来た複数のパーテーションはHDDの様に削除できません。

LinuxのブートUSBにしたり、Mac で使ったり、Makerbot に使ったりしていると、そのうち出来てしまったパーテーションが消せずに困っていたのですが、windowsのコマンド diskpart でパーテーションを削除してスッキリしたUSBメモリに戻すことが出来ます。

やり方は簡単、コマンドプロンプトから、diskpart と叩いてあとはメセージにしたがって行けばきれいに消せます。

以下はその方法です。

 

c:\hogehoge>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 6.3.9600

Copyright (C) 1999-2013 Microsoft Corporation.
コンピューター: PC-MA

DISKPART> list disk

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
### ミック
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 128 GB 0 B
ディスク 1 オンライン 28 GB 0 B

DISKPART> select disk 1

ディスク 1 が選択されました。

DISKPART> create partition primary

仮想ディスク サービス エラー:
空でないリムーバブル ディスク上では、この操作はサポートされていません。

DISKPART> clean

DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。

DISKPART> create partition primary

DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。

DISKPART> format fs=fat32 quick

100% 完了しました

DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。

DISKPART> assign

DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。

 

おしらせ

  • Calemdar

    2018年12月
    « 9月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud