Git のインストールメモ 【Homebrew】

| カテゴリー : Linux,Mac | コメント (0)   はてなブックマーク - Git のインストールメモ 【Homebrew】

001
パッケージマネージャのHomebrewを使って、Git をインストールしてみました。思ったよりエラーが出たので、今後の備忘録に対処をメモ。


Mavericksなマックには元々Gitインストールされているようなので、現状のバージョンとどこにあるかを確認しておきます。

$ git --version
git version 1.8.5.2 (Apple Git-48)
$ which git
/usr/bin/git

Homebrewでインストール可能なバージョンも確認しておきます。

$ brew info git
git: stable 1.9.2 (bottled), HEAD

1.9.2が今日のところは入るみたいなので、インストール作業後【$ git –version】と入れたら、1.9.2が出るようになればいいということが目標になります。

まずはインストール

$ brew install git

Gitをインストールします。

エラーがでました。その1

Error: Permission denied - /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.16.2

権限が無いようなので、パーミッションを変更します。

$ sudo chown -R $USER:admin /usr/local

気を取り直して再インストール?

もっかいインストールしてみます。

$ brew install git

インスートール済みだよ、リンクが張られてないだけだね。とメッセージが出ました。

Warning: git-1.9.2 already installed, it's just not linked

リンク張ります

リンクを張ります。

$ brew link git

エラーがでました。

inking /usr/local/Cellar/git/1.9.2...
Error: Could not symlink share/git-core/templates/info/exclude
Target /usr/local/share/git-core/templates/info/exclude
already exists. You may want to remove it:
  rm /usr/local/share/git-core/templates/info/exclude

To force the link and overwrite all conflicting files:
  brew link --overwrite git

To list all files that would be deleted:
  brew link --overwrite --dry-run git

以前からGitを使っているとテンプレートファイルなどが既に出来ているみたいで、上書きオプションをつけて実行する様なメッセージが出てきました。
オプションつけて再実行します。

$ brew link --overwrite git

/usr/local/binを最初に見るよう設定

パスを確認しましょう

$ echo $PATH
/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin

Homebrewでインストールしたものは、/usr/local/bin にsymlinkが張られるらしいので、この順番を入れ替えてあげます

$ sudo vi /etc/paths

$ echo $PATH
/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin

確認

ここまで来たら、多分大丈夫。ターミナルを再起動して確認しておきます。

$ git --version
git version 1.9.2
$ which git
/usr/local/bin/git

これで無事、Homebrewを使って、Git をインストールすることが出来ました。めでたしめでたしです。

おしらせ

  • Calemdar

    2014年5月
    « 4月   6月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud