アプリごと ウインドウ 割り当て::仮想デスクトップ

| カテゴリー : Mac,お仕事 | コメント (0)   はてなブックマーク - アプリごと ウインドウ 割り当て::仮想デスクトップ

仮想デスクトップが設定できたら、特定のアプリケーションを個別に表示ウィンドーの指示ができます。

最初に割り当てたい特定のアプリケーションを Dockに入れておきます。

「Dock」でアプリケーションのアイコンを押し続けます。アイコン上にショートカットメニューが表示されたら、【オプション】までカーソルを動かします。

【このデスクトップ】を選択すると、以降アプリケーションは現在のウィンドウで開きます。

【すべてのデスクトップ】を選択すると、以降そのアプリケーションは、すべてのウィンドウで同じ内容が表示されます。
テキストエディタなど、複数のアプリにまたがって使用するようなものだと有効かもしれません。

【なし】を選択すると、作業する任意の操作スペースでアプリケーションが開きます(デフォルト動作)

PhotoShopのような、作業スペースを大きく取りたくなるようなアプリケーションの場合、専用のウィンドウに表示されたほうが使い勝手が上がるような気がします。お試しあれ!です。

おしらせ

  • Calemdar

    2012年8月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud