REFRESH CONTENTと301リダイレクト

| カテゴリー : Webサービス,お仕事 | コメント (1)   はてなブックマーク - REFRESH CONTENTと301リダイレクト

リダイレクトとは、訪問者を自動的に特定のURLへ転送する設定のことです。
SEO的には,301リダイレクトの方がいいらしい。

いわゆるリダイレクトには、HTMLファイルで転送をかける場合、メタタグに書き込む方法で

<META HTTP-EQUIV=REFRESH CONTENT="10; URL=http://www.gworks.jp/">

って感じの方法がまずは思い浮かんだりします。メッセージも出せますしね。
この場合には10秒間、今のページを表示後http://www.gworks.jp/にリダイレクトする設定になります。

これはこれで簡単だし使えるのだろうけれども、サーバーの移転、ドメインの変更などで元のページはもう利用しない場合などはこの設定だとリダイレクトしたページは、新しく検索エンジンに評価されるようですが、301リダイレクトを利用すると、元のページ評価をある程度引き継いでくれるらしいので、可能であれば301リダイレクト(恒久的)もしくは302リダイレクト(一時的)を積極的に利用した方がいいらしいです。

301リダイレクトの設定方法は、.htaccess, Javascript, PHPなどで行うことができます。

.htaccessで設定する方法。

  • サイト全体を新しいドメインのトップページへ移動する。
    RedirectMatch 301 .* http://新しいドメイン/
  • 特定のページsample.html を 新しいドメインのhogehoge.htmlへ移動する
    RedirectMatch 301 /sample.html http://新しいドメイン/hogehoge.html
  • 特定ページのみ。、新しいサイトに移動
    Redirect 301 /sample.html http://新しいドメイン/

PHPで設定する方法

  • ヘッダー情報を出力します。301のときには明示的に行う。そうしないと302リダイレクトと判断する。
    <?php
    header( "HTTP/1.1 301 Moved Permanently" );
    header( "Location: http://www.to-url.com/" );
    ?>

移転の際はきっちり設定しておいてあげましょう。

おしらせ

  • Calemdar

    2012年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    272829  
  • Category

  • Archive

  • Latest articles

  • Tag Cloud